地すべり見学会

1月27日は、四国地質調査業協会高知支部主催の「地すべり現地研修会」がありました。
この研修会は、毎年1~2月に実施している会で、今年で3回目です。
今年も、産官学の様々な年代の技術者が参加されていました。

今年の現場は、吾川郡いの町の「打木地すべり」でした。
打木地すべりは、一級河川仁淀川の上流に位置する地すべり地で、高知市内からは約25km離れています。


Google Maps をご利用するには、Google API Key が必要になります。
Api Keyを取得して「コンフィグ > プロパティ設定 > Google Maps API Key」に設定ください。

9時に「土佐和紙工芸村くらうど」でオリエンテーションを行った後は
仁淀川を眺めながら打木地区へ移動。


参加者のみなさんは、4班に別れて現地踏査を行いました。
踏査では、地すべりで発生した亀裂等の地形変状やすべり面露頭、ボーリングコア等を観察して
地すべりブロック範囲とすべり面深度を推定しました。


案内役の説明を聞きながら、地形図に情報を書き込む参加者のみなさん↓


小さな変状と、周辺の地形を観察し、図面に示された全体図と見比べて
地すべりブロックを推定していきます。


私はスタッフとして、地すべりブロック頭部付近の説明係をしました。
頭部付近では、既設の集水井や


地すべり活動の影響で移設を行った公民館や


周辺地形等の説明を行いました。


現地踏査後は再び「土佐和紙工芸村くらうど」へ。
高知大学大学院生のTさんから「打木地すべりの地質構造」、
高知大学名誉教授の日浦先生から「地すべり地の地下水の水質特性」について講義していただきました。


講習の後は、踏査を行った班に分かれて地すべりブロックのとりまとめ。
とりまとめ中は、熟練の技術者が若い技術者に航空写真の見方を説明したり
それぞれの見解について議論を交わしたりしながら
発表用図面にブロックを記載していきました。

とりまとめたブロックは代表者が発表。


同じものを見ていても、各班で異なるブロック形状を想定していました。
地すべりは奥深い・・・。


各班の発表後は、地すべりブロックとすべり面深度の答え合わせを行い
ブロック想定の地質的・地形的なポイントを確認。
その後の質疑応答でも熱い議論が交わされました。


今年の現地見学会は、年度末の多忙期にもかかわらず、40名もの方々に参加していただきました。
みなさん、ありがとうございました。

かも




積もってます

やっぱり、南国高知でも冬には雪が降ります。特に山奥の現場では……。早く、ボーリング作業を終わらせたいのですが、工程に影響がでそうです。
そして、寒い。

2012.2.8 さかもと



ソフトバレーボール大会

12/17(土)のワークショップは≪工石山青少年の家体育館≫で、
ソフトバレーボール大会を行いました。

工石山ということで当日の天候が心配されましたが、
天候も良く無事開催することが出来、一安心。。。。。

現地到着後は、体育館にあったボールやラケットをお借りして、
各々バスケットやバドミントンをしてウォーミングアップ!!

試合形式は5チームによる総当たり戦(15点×3セット)です。
Aチーム:森社長,杉原,明神,山下
Bチーム:吉本専務,島本,大西,小笠原
Cチーム:小松(恭),四角,小松(一),嘉茂
Dチーム:前田,岡村,坂本,佐々木
Eチーム:山本,山中,中根,原山
以上くじ引きで決定した5チームに分かれて、いざ試合開始です!!!

各チーム1試合目はボールの感覚に慣れてない為かチーム内でボールが
繋がらない事もしばしば・・・・。
しかし個々の上達ととともに全チームそれぞれまとまってきたようです!!

そして全員ボール目がけて走りました!!!





ネット際での戦いも多くみられ、アタックやブロックも!!!
(細かいルールは無し!ということでタッチネットもOKです。)






ボールに集中しているためか、やっぱり衝突→転倒もありました!!!



もちろん女性陣も活躍しました!!!



そして全試合終了です。
栄えある優勝は4戦全勝のEチームです!!
副賞として「徳島ラーメン」が贈呈されました!!おめでとうございます!!



日頃運動不足の人達も、運動不足解消のいい機会になったようです。
ただし、殆どの人が次の日から筋肉痛に・・・・・。皆さんお疲れ様でした。。。。

↓↓↓↓全試合の結果は以下の通りです。↓↓↓↓



次回のワークショップは2/18(土)に行われるボーリング大会です!! 

                                      2011.12.21  A.S



地盤セミナー開催

『南海・東南海地震に備える地盤づくり』

~東日本大地震の教訓から学ぶもの~

12月6日(火)13:30~徳島県月見ケ丘海浜公園のビジターセンター研修室において開催されました。

主催;株式会社WASC基礎地盤研究所
協賛;ジャパンホームシールド株式会社(JHS)
    株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)
    株式会社地研
    ハイスピードコーポレーション株式会社



東日本大震災による津波や液状化による被災報告がありましたが、地盤調査会社としては主に液状化による被災状況を掘り下げたセミナーです。
今回の液状化被害を受けた建築物は誰の責任になるかは様々ありそうですが、今後、建築される建物については、設計士やビルダー責任になる可能性が高いと思われます。
しかし、液状化被害を小さくする事はできそうですが、完全に防ぐ事は難しく、講師の方がおっしゃられた『液状化についての説明を施主様にキチンと説明する』が大事かなっと。



今回の会場はかなりマイナーな場所でありましたが、たくさんの方々に来場して頂きまして大変ありがとうございました。


次回は来年の1月26日(木)13:30より高知県県民文化ホールにて開催されますので、近くの方は是非ご参加をお願いします。


H23.12.9 Yamashin



地区防災訓練(フェア)

第4回学ぼう災『塚ノ原地域防災フェア』
私の住んでいる高知市塚ノ原地区の4回目となる地区防災訓練(フェア)を、11月6日(日)10:00~12:20に高知市立旭中学校で行いました。
 この塚ノ原地区は、位置的に高知市の北西部にあり標高約14~60mの山地・谷底平野に約1200世帯が住んでいます。
当日は、曇り模様の天気で雨が降らぬ事を祈りながらの実施となりましたが、約270人の来場があり何とか最後まで雨も降らずに盛大に終えることができました。


開会式のあいさつ

旭中学校吹奏学部の演奏
1曲目は、「ラジオ体操」を演奏。演奏を聴きながらみんなでラジオ体操をして体をほぐしました。



防災標語入賞者表彰式
地区の校区である、旭小学校横内小学校の生徒に募集していた「防災標語」の入賞者の表彰を行いました。
子供の自由な発想と防災意識の高さが伺える標語がたくさんありました。



過去3回は、『遊ぼう災』というネーミングにしていましたが、今回は4回目なので『学ぼう災』に変えて実体験を取り混ぜた防災訓練となりました。

実消火器による操作訓練
実際に消火器を使った事がない人が大勢いて、大人に交じって子供も参加してくれました。


実消火器による操作訓練

防災資機材(ジャッキ・カナテコ・チェーンソー等)の操作訓練(協力:マルニ旭店)
普段なかなか使うことがない道具の使い方を教わっていました。



煙体験用テント
テントの中は、真っ暗(真っ白?)でバニラ味?の煙が立ち込め、手さぐりで出口に出ました。



炊き出し訓練
1回目から行っている炊き出し訓練です。
この炊き出しは、自宅にあるカセットコンロとアルミの鍋で無洗米を使って炊きました。
参加者は、これなら被災して電気がなくても家でご飯が炊けると言っていました。
(炊けたご飯は、おにぎりにして配布しました。とってもおいしかった。)



体育館の下はピロティは雨が降っても大丈夫なので、いろんな催しが開かれました。
大人だけでなく、子供もたくさん参加体験してくれました。

救急救命(AED)講習(協力:高知生協病院)



毛布による担架づくり



防災グッズ、非常食の展示と販売(協力:マルニ旭店)
昨年は、試験的にカンパンと非常食ご飯(水でもできるピラフ、炊き込みご飯)の試食と販売を行いました。
今回は、好評につき防災グッズの販売も併せてマルニさんにお願いしました。



東日本大震災のビデオ上映
東日本大震災のビデオ上映には、実際に現地での活動をされた話を聞きながら真剣に見ていました。



防災キャラクター人形劇上演
高知県の防災キャラクターを使って人形劇をしました。小さな子供も楽しく見ていました。



玄関前駐車場では、はしご車体験乗車やパトカー体験乗車、絶叫大会、水消火器の操作訓練も行われました。

はしご車体験乗車
子供達は、ドキドキわくわくしながら乗車していました。後で自分の子供(小4)に聞くと「高くて怖かった。消防署の人はあんな高い所で消火活動するのはすごい」と言っていました。



最後に
今回もたくさんのスタッフの方や後援、協力を頂いた方有難うございました。
この地区は、次の南海地震が来ても地形・標高的に津波の心配はありません。
しかし、急傾斜地崩壊危険箇所土石流危険渓流・区域に該当します。
(高知県HP:高知県土砂災害危険箇所マップ参照。)
そのため、毎年各地でおこるゲリラ豪雨等による斜面崩壊や土砂災害の心配があるので、今後はこのような災害にも対応できる訓練を盛り込んだ防災訓練計画を立てたいと思います。
また、毎回たくさんの子供が参加してくれることが非常にうれしいことです。
これからは、この子供達を一人でも多くの防災リーダーに育てれる環境と教育(共育)も進めていけたら幸いです。

                                                        スギッピー                                                    

主催:塚ノ原町内会防災会連合会
後援:旭西部まちづくり推進会議、旭地区町内会連合会、旭地区地域安全推進協議会、旭中学校、旭小学校、横内小学校
協力:高知市、高知市消防局、中消防署、旭消防分団、高知警察署、日赤高知県支部、高知生協病院、マルニ旭店 


CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

代表

088-822-1535 営業時間 8:30〜17:30