最初は失敗するのが当たり前。
失敗を重ねて経験値を積むことにより達成感が得られたり、できることにやりがいを感じています。


【技術職】事業部調査課 宮下 卓弥

技術事業部 調査課 宮下 卓弥

--

なぜ地研への入社を志望されたのですか。

平成26年の豪雨による土砂災害の状況をテレビで見て、自分にも何かできることはないだろうかと考え、地域に貢献したいということも含めこの業界に入りました。

現在の仕事内容を教えてください。

技術事業部調査課に所属しており、日々の現場管理やデータの整理・報告書の作成までを行っております。
社内だけではなく、社外に出て現場状況の確認・発注先に出向き打合せ等を行っております。

大きな責任を担う仕事と思いますが、やりがいはどこに感じていますか。

常に責任が発生する仕事と思います。ですが、最初は失敗するのが当たり前で、失敗を重ねて経験値を積んで段々とスキルアップができ達成感が得られたり、できることにやりがいを感じています。


続きをみる

時差出勤や、1時間単位の有給取得などができるので、子育てするにはとても助かっています。


【事務職】住宅事業部 山下 江実

【事務職】住宅事業部 山下 江実

--

現在の仕事内容を教えてください。

住宅事業部の部署で、現場からあがってきた地盤調査データをパソコンで整理したり、地盤調査の現場の日程調整をしたりしています。

所属されている部署について聞かせてください。

住宅事業部という部署に所属しています。ジャパンホームシールド(株)のFC店として、戸建て住宅の地盤調査を行っています。
営業3名事務員2名と少ないですが、和気あいあいと仕事させてもらっています。


続きをみる

講習会等に参加する場合、サポートが充実しています。
興味がある講習会には、希望を出せば参加できます。費用も会社負担です。

技術事業部 調査課 係長 中島昇 

--

会社を知ったきっかけは何ですか。

私は高知大学理学部地学科で地質や岩盤について学びました。
一度は大学で得た知識を生かせる職業に就きたいとの思いから、地質調査業を対象とした就職活動考えていました。そこで大学の学部も同好会も同じ一つ上の先輩が地研に入社していたので、地研を訪問し地質調査業とは何をする仕事であるか詳しく説明していただきました。

現在の仕事内容を教えてください。

私は技術事業部調査課で地質調査に係る仕事を行っています。
社内でパソコンと向き合う時間も多いですが、現場に行き、地すべりの踏査・切土法面の観察等も行います。基本的には現場から上がってくるボーリングデータや地すべり観測データ・各種試験データを整理し、お客様に提出する報告書を作成しています。お客様の要望に応えるため直接打合せを行うことも多いです。また斜面災害発生時には現場へ緊急出動し、現場の初動調査を行うこともあります。



続きをみる

社員の皆さんが開けっぴろげに接してくれます。
自然体で話してくれる人ばかりなので、自分の悩み事も安心して相談できます。

技術事業部調査課 主任 下郡裕之

--

なぜ地研への入社を志望されたのですか。

地質の技術者としてもっとスキルアップしたいと思い転職を決意しましたが、就職先として真っ先に浮かんだのが”地研”でした。県内に地質調査を行っている会社はたくさんありますが、地質調査そのものを専門とし、手広く、そして深く実施している会社は地研以外にないと思ったのです。大好きな高知県で地元密着型の仕事をしたいとも考えていましたので、これほど条件の合致する会社は他にありませんでした。

仕事と家庭の両立はできていますか。不安や悩みはありませんでしたか。

子育てや家族との関係に理解のある社員ばかりで、特に心配はありませんでした。子供の急な発熱で会社を早退することが度々ありましたが、皆快く仕事のフォローを引き受けてくれ、とても助かりました。時差出勤制も家族との時間をつくる一助となっています。



続きをみる

CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

代表

088-822-1535 営業時間 8:30〜17:30