表面波探査・オートマチック・ラム・サウンディング試験

表面波探査


地盤の表面で人工的に地震波(振動)を発生させ、その伝わりの速さを測定する調査です。
伝わりの速さから、地盤の強さを判定します。調査時間は短く数時間程度で完了します。
最大探査深度は20m程度とされていますが、深くなるほど調査精度は低下します。直接的に地盤強度を測定しないことから、スウェーデン式サウンディング試験と併用されることも多いです。

オートマチック・ラム・サウンディング試験

オートマチック・ラム・サウンディング試験は、自動動的コーン貫入試験で、原位置における地盤の硬軟、締まり具合の指標となるNd値を把握することを目的としています。また、Nd値は標準貫入試験のN値とほぼ同じであるといわれています。


 

表面波探査・オートマチック・ラム・サウンディング試験のお問い合せはこちらへ>>


地盤調査

一覧へ

CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

住宅事業部直通

088-872-3815 営業時間 8:30〜17:30