ボーリング調査

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)は宅地の地盤調査に多用されていますが、この調査法では十分な調査ができない場合もあります。
この場合、様々な種類の調査方法の中で、ボーリング調査は最も知られている調査方法です。ボーリング調査とは、地層構成の確認、地層の中での試験(標準貫入試験、孔内水平載荷試験など)、土質試験用の試料採取を行うための作業です。


ボーリング位置、本数、深度

建物の敷地内で1箇所のボーリングを行った場合、そのデータはあくまで点の情報でしかありません。2箇所以上で行うことにより、線の情報となり地層の分布状況や連続性など、地下の構造が明らかになります。
建築面積が広い場合は、1箇所の調査データでは正しい判定ができない場合もあり、このような場合は、判定の精度向上を目的に複数個所の調査提案をさせて頂く場合もあります。
また、ボーリングの掘削深度は、建物を支持させる頑丈な地盤(締まった地盤)を数m確認できるまで実施します。

ボーリング方法

ボーリングでよく用いられるものには、ロータリー式、オーガ式、パーカッション式などがあり、このうち、ロータリー式ボーリングマシンは我が国の地盤調査に最も多く用いられています。


作業スペース

ボーリング調査の計画にあたっては、搬入路や作業スペース、足場などの仮設の要否、給水箇所など、現地の状況を事前に確認しておくことが必要です。ボーリング機械の設置や資機材置場を合わせて最低でも2m×5m程度の作業スペースが必要です。


作業完了後の処置

ボーリング作業後は、速やかに資機材を撤去するとともに、原形復旧に努めます。

ボーリング結果の整理

ボーリング調査結果は、「(財)日本建設情報総合センター、ボーリング柱状図作成要領(案)」に準拠してボーリング柱状図に整理し、採取した土試料は土質標本箱に収納し提出します。



標準貫入試験

地盤の締まり具合と土の構成を把握するための試料採取を目的に実施します。
試験方法は、質量63.5kg±0.5kgの鉄の重りを76cm±1cmの高さから自由落下させ、ボーリングロッドの先端に取り付けた試験用サンプラーを打ち込みます。N値は試験用サンプラーを30cm打ち込むのに「何回打撃したか?」が大切な情報となります。締まっている(硬い地盤)なら、打撃してもなかなか入らず、緩んでいる(軟らかい)地盤なら簡単に貫入できます。木造2階建て住宅(一般的な戸建て住宅)では、標準貫入試験を行うことは少ないですが、規模の大きな構造物や建物では必ず行う試験です。


==

ボーリング調査のお問合せはこちらへ>>


地盤調査

一覧へ

CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

住宅事業部直通

088-872-3815 営業時間 8:30〜17:30