地盤の支持力試験

平板載荷試験

基礎を設置する深さまで掘削を行い、基礎に見立てた載荷板(直径30cmの円盤)を設置し、実際の建物の重量に見合う荷重をかけて沈下量を測定し、地盤が安全に支持できるかを確認する試験です。

試験荷重の反力として、H鋼やバックホウが必要になります。



簡易支持力試験機エレフット

・表層地盤の支持力を計測するための試験機です。
・反力として人の体重を利用しますので、大きな反力を
 必要としません。
・電源装置なども必要としません。
・狭小な場所でも地盤支持力の測定が可能です。
・計測時間が非常に短く、1人で計測が可能です。
・試験機器が軽く、持ち運びが容易です。
 本体寸法:高さ49.8cm
      最大幅 67.0cm
      最小幅 41.6cm
 本体重量:約8.0
 測定可能支持力:4375kN/m2
 載荷板寸法(直径):16mm、25mm
           30mm 40mm、50mm
 計測ストローク:150mm(最大)
 使用可能土質条件:粘性土から砂質土


 

地盤の支持力測定についてのお問合せはこちらへ>>


地盤調査

一覧へ

CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

住宅事業部直通

088-872-3815 営業時間 8:30〜17:30