新商品 新築住宅向け「長期保証プログラム」

~くらしのそばに未来の安心を~

住宅事業部から「建築事業様向けの新商品」のお知らせです。
新築住宅を建てた際の長期保証が受けれる商品となっております。
保証対象としましては「地盤」「建物」「住宅設備」の3本建てとなります。

地盤品質保証 20年

建物の重さに耐えられる地盤かどうかを確認し、適切な基礎仕様や対策をご提案することで
安全な地盤品質を保証いたします。
万が一、建物が不均等に傾き沈む現象(不同沈下)が発生した場合には

不同沈下に起因する建物の損害に対して修正費用を補償いたします。

建物長期保証 20年

確かな住宅性能と定期的な点検・メンテナンスにより初期保証20年をご提供します。
建物長期保証では構造耐力上主要な部分や雨水の進入を防止する部分の品質を保証します。

万が一構造的な欠陥があった際に、その補修をするための修繕費を補償いたします。

設備保証 10年

設備機器(システムキッチン、給湯器等)の自然故障に対して、メーカー保証同等のサービスを充実のサポート体制
でご提供致します。

・修理代、代替費が何度でも無料
・24時間365日コールセンター
・窓口ひとつで解決

詳しい内容が知りたい。ご不明点がありましたらお手数ですが弊社までお問い合わせください。
後ほどこちらの担当よりご連絡させていただきます。



<令和6年能登半島地震 現地調査速報会に参会しました>

「令和6年能登半島地震 現地調査速報会」が、令和6年2月21日に高知大学メディアの森で開催されました。


能登半島地震は、能登半島北部を震源とするマグニチュード7.6の大地震で、2024年1月1日午後4時10分に発生しました。
地震に伴う大きな揺れに加え、液状化や山腹崩壊が生じ、沿岸域では津波が来襲するなど、大規模な複合災害となりました。
被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

高知大学防災推進センターでは、高知県危機管理部、高知県土木部、県内外の民間企業と合同で災害調査団を結成し、1月26日より被災地の現地調査を実施しております。弊社からも調査員を2名派遣し、主に道路盛土の被害と斜面崩壊について3日間の災害調査を行いました。速報会では、地震や被害の概要から建物・港湾・液状化・斜面・盛土の被災状況について詳細な報告がなされました。


速報会の参加者は概ね100名で、さらにWebでの参加者も多数おり、南海トラフ巨大地震​が迫る高知県での関心の高さが伺えました。



新年(令和 6 年)のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
令和 6 年 1 月 5 日(金)、土佐神社で仕事始めのご祈祷をしていただきました。
旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のサービス向上を目指し、誠心誠意努力させていただきます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



国際地盤工学会第17回アジア地域会議[8/14〜17]

(17th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering 2023)

中島です。私は、8月14日から17日まで(4日間)、カザフスタンで開催された「国際地盤工学会アジア地域会議」に参加しました。


   

  

これは私にとって人生初の国際会議であり、初めてのポスターセッションへの参加でした。


また、海外渡航も人生2度目と経験が少なく、初めて尽くしの貴重な体験になりました。


  

ポスターセッションは、8月16日のコーヒーブレイクに予定されておりました。

日本から大切に持ってきたA0ポスターを指定された場所にセッティングし、緊張しながら閲覧者が訪れるのを待ちました。


セッション自体の閲覧者が少なく非常に残念ではありましたが、数名の方に興味を持っていただき、説明することができました。


  
 

当日は、ガラディナーにも参加しました。
緊張しながら会場に向かいましたが、昼間のセッションで話をした方々と同じテーブルに着くことができ、楽しい時間を過ごすことができました。


  

今回の渡航では、肉を主体とする現地の食事に体が馴染まず、アルマトイからの飛行機内で体調を崩してしまい、その結果3日間も寝込むこととなりました。不慣れな海外での緊張や極度の疲労も要因の一つだったと思います。

体調は崩してしまいましたが、国際会議の雰囲気、昼食会やコーヒーブレイク・ガラディナー等、非常に貴重な経験となりました。

また、多くの方々と交流を持つことができ、新たな刺激を受けることができました。




(公社)地盤工学会四国支部地盤地震防災研究会シンポジウム

7月25日に高松で(公社)地盤工学会四国支部地盤地震防災研究会シンポジウムが開催されました。
南海トラフ地震などの大規模地震への対応は関心が高く、四国内から100名の方が参加され、弊社からは9名が出席しました。



   

【基調講演】

高知大学 原忠教授の開会あいさつ後、東京電機大学 安田進名誉教授の基調講演「液状化に関する最近のトピックス、研究成果など」が行われました。


  
講演の中で、「液状化に関することは、行政・住宅メーカー・住民間のリスクコミュニケーションが取れていない」と仰っていたことが印象に残っています。

地盤のリスクを分かりやすい表現で正しく関係者に伝えること、建設コンサルタントの技術者として特に重要なことだと考えます。

   

【委員会の活動報告】

基調講演の後は、「地盤地震防災研究委員会」の活動報告が行われました。当委員会は、地盤地震防災上の諸問題(特に液状化)に対する調査研究を行うとともに、最新の情報と技術を普及することを目的として設立された会です。

弊社は委員会の設立された平成23年から活動に携わっており、今回のシンポジウムでは、中島課長補佐が「委員会活動の概要」を報告しました。中島課長補佐は委員として長く活動しているため、「丁寧でわかりやすい報告だった」と好評でした。


  

【パネルディスカッション】

シンポジウムの最後は、「四国地域における地盤の液状化特性と今後の地盤地震防災」をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。

ディスカッションの中で、パネリストの愛媛大学 岡村未対教授が、
「オープンデータの時代に土木分野が後れを取る中、委員会で四国内の地盤データを収集し取りまとめたことは評価できる。このデータを逸散させないために、不足データを継続収集しながら活用していくことが大事。」
と仰っていました。

活動報告書には、四国各県や構造物ごとの地盤調査・土質試験結果が分かりやすく取りまとめられているため、今後の業務で活用していきたいです。

  

報告書は地盤工学会四国支部のHPからダウンロードできます。
ご興味のある方はこちら(https://www.jgs-shikoku.org/2504/)からご確認ください。



CONTACT

お問い合わせ・ご相談などございましたら、
電話またはメールフォームからお気軽にお寄せください。

代表

088-822-1535 営業時間 8:30〜17:30