お問い合わせ TEL 088-822-1535

株式会社 地研

〒780-0974
高知県高知市円行寺25番地

FAX 
088-822-1548(代表)

©CHIKEN Inc. All Rights Reserverd.

WAGASHAブログ

建物状況調査(インスペクション)のご案内

宅建業者さんへ

平成30年宅地建物取引業法改正の内容は大きく下記の3つです。

(その1、)消費者保護のため、営業保証金・弁済業務保証金の弁済の対象から宅建業者を除外。
(その2、)業界団体に対して、従業者への体系的な研修を実施するよう努力義務を課す。
(その3、)宅建業者が建物状況調査(インスペクション)活用を促し、安心して取引のできる市場環境を整備

この中でも宅建業者さんの中古売買に大きく関わるのは建物状況調査(インスペクション)となります。

弊社は、ジャパンホームシールドFC高知店の建物検査センターとして建物検査(インスペクション)・既存住宅かし保険の取扱を行っております。


☆具体的に宅建業者さんは、
「媒介契約」「重要事項説明」「売買契約」の3つのタイミングで、建物状況調査(インスペクション)の内容が追加されます。

【媒介契約時】
宅建業者さんがインスペクション業者(建物状況調査業者)のあっせんの可否を示し、媒介依頼者(売主様・買主様)の意向に応じてあっせんして頂く。

【重要事項説明時】
宅建業者さんがインスペクション結果(建物状況調査結果)を買主に対して説明して頂く。

【売買契約主締結時】
基礎、外壁等の現況を売主様・買主様が相互に確認し、その内容を宅建業者さまから売主様・買主様に書面で交付。



☆対象となる物件
対象は「既存住宅(中古の住宅)」です。
戸建住宅・分譲マンション・アパート・マンション等となります。
※土地や住宅以外の商業ビル等は対象外

☆検査は調査に係る一定の講習を修了した建築士が行います。

☆検査箇所は「構造耐力上主要な部分」および「雨水の侵入を防止する部分」で、その他に付帯する特約に基づく給排水管路等の検査も実施します。

☆検査方法は既存住宅売買瑕疵保険に加入する際の検査方法と同様で目視・計測を中心とする非破壊検査となります。検査が一定の基準に適合する場合、瑕疵保険のお申し込みが可能になります。


インスペクション(建物現況調査)の実施自体は義務化されていませんが、取引にあたり売主様・買主様への説明は必要になりますので、お客様への説明ができるようにご準備ください。

弊社では専門スタッフによるご案内と売主様向け・買主様向けのパンフレット等をご用意しておりますので、お気軽にご連絡ください。
担当エリアは四国です。



株式会社 地研(建物検査センター)
本社:高知県高知市円行寺25番地
電話:088-872-3815
mail:jhs@k-chiken.com

2018/4/4 Yamashin


建物状況調査(インスペクション)

仲介不動産会社さんへ

2018/4/1より宅建業法が改正され、「媒介契約」「重要事項説明」「売買契約」の3つのタイミングで建物状況調査(インスペクション)の紹介が義務化されました!

対象は「既存住宅(中古住宅)」です。

施工後、建物状況調査の実施は義務化されていませんが「取引にあたり売主様・買主様への説明は必要」になります。

弊社では、説明時に役立つ売主様・買主様向けのパンフレットをご用意しておりますので、お気軽にお声がけください。

また、専門スタッフ(既存住宅状況調査技術者講習登録建築士)による建物検査も準備しております。

気になる方はお電話メールでお問い合わせください。

高知県高知市円行寺25番地
株式会社 地研
TEL;088-872-3815
メール;jhs@k-chiken.com

2018/4/3 Yamashin


ワークショップ

6月17日(土)は2ヶ月に1度のワークショップでした(^^)
今回は草抜き&全国うまいものお取り寄せ大会!ということで、
8種類の贅沢食材をお取り寄せしました。
食べ応え抜群の牛タンや、写真は撮り忘れていますが帆立貝などなど






                  みなさんお肉に夢中です。。。

どの食材も最っ高においしく頂きました。
個人的にはレンジでチンのご飯のレベルの高さにも驚き!!でした。
ごちそうさまでした。

山下(江)


平成28年度 技術研修会(現地研修)

2月21日に(一社)四国地質調査業協会高知支部の主催で、「平成28年度 技術研修会」が開催されました。
本研修会は、初心者から中級者を対象とした現地研修会で、今年度から4年間で、「地すべり調査がマスターできる現地研修会」が計画されています。
今回はその第一回目、「地形・地質、ブロック区分、調査計画」が研修テーマです。
研修では、県・市町村・民間企業からの参加者62名が8班に分かれ、現地踏査、資料取りまとめ、発表を行いました。



これは研修場所となった高知県長岡郡大豊町西川地区の地すべり全景です。



私たちの班は、まず地すべりの対岸に渡り、全景と地形図を見比べながら、西川地すべりの地形・地質的な特徴、現地踏査時の着目点を学びました。



現地踏査では、構造物の亀裂、木の根曲り、斜面の押し出し、湧水、家屋の傾きなどの変状を確認しました。この時、案内人のベテラン技術者が丁寧な説明をして下さったので、私たち初心者にもわかりやすかったです。
また、様々な年代の方との交流も新鮮でした。
そして、現地踏査で構造物の変状をじっくりと観察し、班員同士で積極的に意見を交わす時間は大変有意義でした。



現地踏査後は会場へ移動し、班ごとに資料の取りまとめを行いました。
取りまとめでは、踏査結果から推定した地すべりブロックについて意見交換を行い、地すべり調査平面図・断面図を完成させました。


取りまとめ後は各班の代表者による成果発表を行いました。
8班の発表者は若手ということもあり、が発表しました。
最後の発表になり、大変緊張しましたが、何とかやり遂げることができました。
終わった後の手汗がすごかったです。


最後に告知です!
来年度の研修テーマは「ボーリングコア鑑定(物理探査)、地質断面図作成」です。
今回の研修のように、皆さんとコミュ二ケーションを取りながら知識を深めていきたいです。
多くの方のご参加をお待ちしております。

宮下


餅つき大会

2月18日(土) 土曜日
第74回 ワークショップ 『餅つき大会』
前日は天気が悪かったけど、当日は見事晴れてくれました♪
中納言さんのところで、餅つき一式ともち米、餡玉を頼み、準備が整い次第開始!



まず、餅を蒸します。
芯まで通ったか、時々試食


そしてメインの餅つきへ!!
最初は粒が残らないようにコネコネし、そして餅状になるまでつく。


餅状になった米を一口サイズにちぎり、餡子を詰めて完成!
苺や文旦、蜜柑等を入れて大福も作りました。

やはり、出来立ての餅は美味しかったです。



up