お問い合わせ TEL 088-822-1535

株式会社 地研

〒780-0974
高知県高知市円行寺25番地

FAX 
088-822-1548(代表)

©CHIKEN Inc. All Rights Reserverd.

事業部

調査部門 [事業部]

地質・土質調査、斜面・のり面調査など
すべて自然環境に関連しています。


各種観測・試験あらゆる手段を用いて「自然の声」に耳を傾けそれを皆さんに伝える仲介役的な立場にいます。
時には、山を切ったり埋め立てたりと自然を人工的に改変させることもありますが、常に「人と自然の共存」を考えています。
これからも「自然の声」を代弁するとともに地球の救世主となれるよう努力していきます。

  • 地形判読・現地踏査
  • ボーリング調査
  • 原位置試験
  • 斜面調査
  • 物理探査
  • 土質・岩石試験
  • 水文調査
  • 落石調査

主な業務の解説


地形判読・現地踏査


各試験・調査の基礎となる最も重要な項目の一つであり、我社においては、地形判読(航空写真立体視)及び地表踏査を中心に実施しています。地形や地質は、現在までの歴史を刻んでおり、それだけで色々な情報を我々に与えてくれます。


ボーリング調査


ボーリング調査は、地盤を削孔する調査であり、地中の状況を直接的に知ることができる数少ない調査の一つです。採取した試料の観察及び室内試験の実施、孔内原位置試験の実施及び各種観測測定機器の設置を行い、さらに詳しく地盤の状況を把握することが可能です。


原位置試験


原位置試験は、自然状態の岩盤及び地盤における反力や応力などの特性を現地で測定するものです。また、得られた結果は構造物の施工に伴う地盤変化の想定などに用いられます。
弊社では、主に平板載荷試験・孔内水平載荷試験・標準貫入試験・簡易貫入試験・スウェーデン式サウンディング試験・現場透水試験・地下水検層等を実施しています。


斜面調査


日本には多くの危険斜面が存在しています。これらの斜面が移動(崩壊)した場合の影響範囲には多くの家屋の他、耕地や道路・橋などの構造物、植林地があり、危険にさらされています。
我々は、さまざまな計測機器を用いて地表・地中の動きを調べ、地下水位観測を実施し、両者の相関について調査しています。また、地形・地表調査から得られたデータをもとに、すべりの規模、ブロック区分、すべり発生の素因・誘因を追求し、斜面対策に反映しています。

物理探査

地盤の保有する特性を弾性波探査、電気探査などを用いて広域的に把握する調査であり、トンネル調査・地すべり調査などに広く利用しています。

土質・岩石試験


構造物の設計、斜面の安定計算等に用いる、地盤の物理的・力学的特性を知る目的で室内において物理試験から力学試験まで幅広く実施しています。また、点載荷試験器やロックシュミットハンマーを用い、概略的な岩盤強度を求めることもできます。


水文調査


地下水位観測、水質調査及び流量観測などを実施することにより、水位・水質変化の推移を把握し工事の影響有無の判定などを行います。

落石調査


斜面や崖壁において、危険石の抽出及び危険度の判定を行い、危険石の大きさや斜面の状況より、落石エネルギーの算定、落石軌跡のシュミレーションなどを実施します。


up