お問い合わせ TEL 088-822-1535

株式会社 地研

〒780-0974
高知県高知市円行寺25番地

FAX 
088-822-1548(代表)

©CHIKEN Inc. All Rights Reserverd.

WAGASHAブログ

和菓子

東部方面へ行くとき、ある和菓子屋で必ずと言っていいほど買ってるものがある。
15年いや20年以上、続けている習慣のようなものである。
今回はその店の “ わらび餅 ” を紹介。
15cm角程の入れ物に、3、4cm角程の大きさのわらび餅が20切れ前後、きな粉を
まぶした状態(以前は別袋のきな粉も付いていた)で入っており、わらび餅自体が
すごくやわらかくプルプルしていて、とても美味しい。
一度食べるとはまってしまうお客さんもいるとの事。
お店の名前はあえて伏せておくが、ぜひ一度食べてみてほしい。
                                          眼鏡の小松


ワンコ☆

うちのワン君たちです。

生まれた時はこんなに小さかったのに・・・・。



今はこんなにおデブになりました☆


お母さんはただ今生理中でパンツをはいてます。


パパはネボスケなので毛布が大好きです。                                                                                        


 8月4日 Y.H


工事現場での熱中症対策について

1.塩分補給のため塩飴(熱中飴)を、何時でも補給出来るように水と一緒に常備しています。
 この熱中飴は、非常に不味いですが、作業員は薬と思って食べゆうと言って、この飴を舐めていました。



2.つぎに紹介する瞬間冷却材は、袋を叩いて中のカプセルを割れば瞬間に冷えてきて体を冷やすのにはいいですが、難点は20~30分ぐらいしか持続しないので、もっぱら緊急時の冷却用に常備しています。


3.最後に紹介するスポットエアコンは、持ち運びが容易でどこでも設置可能なので、現場で作業員が何時でも冷たい風にあたれるので、日中の熱い時に活躍しています。


                                                  平成23年7月30日 岡本


熱中症対策

またまた、暑い(熱い)夏がやってきました。現場では、暑いーを連発しながら仕事をしていますが、やはりこの時期気になるのが「熱中症」です。

先月、弊社の安全大会において現場で使用している「熱中症対策グッズ」を紹介しました。今回その中で「これはえい!」と現場の作業員の方が使ってくれる商品があるので紹介したいと思います。

商品名は、「涼しいの何でか?」。製造者は、(株)染めQテクノロジィ。
値段は、1000円ぐらいでドラッグストアで買いました。
内容量は300ml(約1000回分スプレーできる)、シャツなら約125回分。
使用方法は、下着やシャツの裏側に数回スプレーしておいて乾いてから着ます(現場では下着の上からスプレー。特に背中が気持ちいい)。しばらくするとスーとしてひんやりしてきます。
これが、結構持続するのでかなり体感温度が下がると思います。

注意点として、スプレー後すぐには涼しく感じないので大量にスプレーしないことです。(うちの子供が、スース―せんと言って大量にスプレーしてしばらくすると、ヒリヒリして痛いーと言いながら服を着替えていました。)

その他の使い方として、汗を拭くタオルや寝る前に布団や枕にスプレーしておくと気持ちいいですよ。(自宅用に買って置いてます)

これから増々暑くなるので、「熱中症の予防」「応急対応」を日頃から心がけ健康で安全な職場にしたいです。
スギッピー



チベット音楽

先日、友人に誘われてチベット音楽の演奏を聴きに行ってきました。

「チベット」のことについてはもちろん、音楽に関しても全く詳しくない私ですが、日本の琴や縦笛のような楽器を使っての演奏や唄を聴いていると、その間はゆっくりとした時間が流れ楽しい時間を過ごすことが出来ました。

何事も食わず嫌いならぬ聴かず嫌いは良くないなと改めて感じ、誘ってくれた友人に感謝した一日となりました。
                                                               A.S


up